銀行カードローンの大改革が始まるのか

最近のキャッシングやカードローンについての大きなニュースとして、金融庁が銀行カードローンの過剰融資問題について調査に入ったと言うものがありました。消費者金融に比べると銀行カードローンは総量規制対象外の金融商品になっているために、消費者金融のカードローンよりも条件が有利と言われてきました。

銀行側もそれに乗じてカードローンの拡大をはかっており、ニュースによると数年前と比べると銀行カードローンの貸出残高が大幅に増えていると言う事実がわかったようです。消費者金融の貸出残高が減る一方なのに比べて、銀行はカードローンの貸出残高を順調に伸ばしてきたということになります。

しかし、そのために考えられるのは銀行カードローンの審査が緩くなっているのではないのかという疑問です。銀行カードローンの審査が厳しいままであれば、過剰融資問題や銀行カードローンの利用者の破綻が問題にならないからです。

これによって、大手の銀行はカードローンの貸出基準を厳格化することを決めていますが、それはすなはちカードローンの審査を厳しくすることに他なりません。それだけで終わるのか総量規制を銀行にも導入することになるのかはこれからの経過を見ることになるでしょう。