大手消費者金融4社の最高融資額の比較

最近では多くの消費者金融で、銀行のカードローンにひけを取らないほどの低金利・高融資限度額でのキャッシングが可能となりました。消費者金融のキャッシング商品ははもともと審査スピードのはやさに定評がありますが、最近は好条件で契約ができるようになりましたし、スマートフォンからの申込に対応したことでより利便性が高まりました。現在大手消費者4社の主要なキャッシング商品の最高融資額がどのようになっているのかについて比較をしてみましょう。

アイフルとプロミスのサービスは最高融資額が500万円、アコムとモビットについては最高融資額が800万円に設定されています。いずれの消費者金融でも500万円以上の借り入れが可能となっていますし、さらにお金を借りたい場合にはアコムかモビットを選ぶことでまとまったお金を運用しやすくなります。

ただし消費者金融のキャッシング商品は総量規制の対象であるため、年収の3分の1を超える借り入れができないことに気をつける必要があります。

消費者金融の審査で否決されないようにするポイント

消費者金融のプロミスはキャッシングの申し込むと審査が行われて可決しなければ利用する事が出来ません。プロミスは基本的に審査が可決しやすいと言われていますが、何か問題が生じてしまえば否決されてしまう事もあります。そのため審査で否決されないようにするポイントを確認していく事にしましょう。

プロミスは消費者金融なので総量規制の対象となっていて年収の3分の1以上の借り入れをする事が出来ません。そのため借入希望額を年収の3分の1以上で申請してしまうと審査で否決されてしまう可能性が高いです。そのため借入希望額は年収の3分の1以下で申請するようにしましょう。

申し込みをする時に個人情報、勤務先情報、年収、他社借入件数などを申告しますが、審査が可決されやすいように嘘を申告してしまうとすぐに否決されてしまいます。申告した内容は審査で調べられるので嘘を申告してもすぐに分かってしまいます。嘘が分かってしまうと信用を失ってしまうので正しい情報を申告しましょう。

消費者金融を利用する時は総量規制の対象になっている事に注意しましょう

消費者金融にはいろいろな業者がありますが、その中でもプロミスは評判が高く利用者が多いです。プロミスは申し込みをしてから最短1時間で融資を受ける事が出来るというのが最大の特徴ですぐお金を借りたいという時にすごく便利な消費者金融です。また初めて利用する人は借入日の翌日から30日間無利息でお金を借りる事が出来るので利息を減らす事が出来るメリットもあります。

そのため消費者金融の中で一番利用しやすいのですが、それでも注意しなければいけない点はあるのでしっかり確認しておきましょう。

プロミスは消費者金融なので他の業者と同様に金利が高く設定されています。しかし消費者金融が金利が高く設定されているというのは利用する人ならだれでも知っている事なので説明する必要はないでしょう。

そこで金利以外で注意したいのがプロミスなど消費者金融は総量規制の対象になっていて年収の3分の1以上の借り入れをする事が出来ません。そのため収入の少ない人は多額の借り入れが出来ないので注意しましょう。