キャッシングは増額申込みもできる!知っておきたい仕組み

キャッシング利用中に借りれるのは限度額までと決まっています。この金額が足りないと思ったら、増額申込みをするといいでしょう。これは限度額を現状より上げる手続きになります。

これをお願いしたいなら、現在契約中のキャッシングサービスまで申請をします。これは会員専用ダイヤルや、会員用の専用ページなどから手続きできます。申込みはすぐに終わりますが、増額がすぐに許可されるとは限りません。

限度額を増やすと、これまでよりも借りれる金額が増えます。すると、返済が問題ないか、改めてチェックしないといけません。そのためにもう一度改めて審査を受ける形になり、合格なら限度額を増額できます。

この審査はキャッシングに初めて申込みしたときに受けるものと基本的に一緒です。年収や現在の借入額などから、これ以上の借入ができるかどうか、改めて判断されます。

審査にかかる時間は早ければ即日中ですが、キャッシングによっては翌営業日以降になる場合もあります。申込みすればすぐに限度額を増やせるわけではないため、なるべく早く増額したいときは、早めにお願いしておくのがコツです。

増額申込みが通るかどうかは、現在の限度額が年収の3分の1の金額にまだ達していないか、これまでの利用で滞納などなかったかといった条件である程度予想できます。年収に比べて限度額がまだ低く、これまでの利用で問題もなかったなら、増額できることは多いです。

銀行ローンの方が人気!?メリット・デメリットとは

銀行ローンは、消費者金融からの借り入れと、どのような違いがあるのでしょうか。

簡単にまとめました。

<銀行ローンの2つのメリット>

・金利が低い

・総量規制の対象とならない

この2つが、銀行ローンの大きなメリットとなります。

銀行はやはり、金利が低いという事が大きなメリットであり、安心できる点です。

そして、銀行は総量規制の対象とならないので、規制に振り回されず、お金を貸してくれます。そのため、消費者金融では出来ない、大きな金額の借り入れが可能となります。

このように、銀行ローンは大きく分けて2つのメリットがありました。

お金を借りる時に、一番気になるのは金利です。この金利が低いという点は、大変有難いです。

しかし、銀行ローンにはデメリットもあります。銀行ローンのデメリットもまとめました。

<銀行ローンの2つのデメリット>

・審査が厳しい

・口座の開設が必要となる事がある

銀行ローンには、このようなデメリットもあります。

銀行からの借り入れですので、やはり審査は厳しいです。銀行から借り入れを行う時に、他のローンの返済が終わってなければ、審査に通る事は大変難しくなります。

また、銀行ローンをしようとした時に、その銀行の口座を開設していない場合、口座の開設が必要となる事があります。

いかがでしたでしょうか。

銀行ローンには、消費者金融からの借り入れとは違うメリットなどがありました。その分、審査が厳しいなどのデメリットもあります。

このような、銀行ローンのメリット・デメリットをしっかり把握しておく事で、借り入れをする時に、安心して銀行ローンを利用する事ができます。

自分に合った借り入れ方法をよく検討してから、実際に借り入れを行いましょう。

キャッシングなら銀行ローンがお勧め

 どうしても緊急なお金が必要でキャッシングを利用したい場合、どの会社を利用するか迷うことがあるかと思います。もしくは、近くに消費者金融が無い場合もあるでしょう。そんな時におすすめなのは銀行のカードローンです。

 銀行のカードローンとは銀行が行うキャッシングサービスの事です。その特徴は銀行が運営するという安心感と、支店の多さがあげられます。消費者金融がない小さな町でもたいていは銀行の支店があるものです。そこでもキャッシングの申し込みが出来るのです。申し込み方法は簡単で、必要書類に記入するだけです。多くの場合保証人は必要なく、パートやアルバイトでもある程度安定した収入があれば利用することが出来ます。また、その銀行の口座を持っていれば、手続きはさらにスムーズに進むでしょう。

 審査も迅速で、午前中に申し込めばその日のうちに振り込まれることが多いです。これで急な出費にも対応できますね。また、カードはその銀行のATMでも利用できますので、その地域の銀行のローンを利用すればさらに便利になるでしょう。金利は様々ですが大体5%から15%程度のところが多いようです。

 地域に密着した銀行ならではのサービスが受けられる銀行ローン。お勧めです。