キャッシングは早めに返済する予定を立てましょう

大学時代、いつからかサボりグセがひどくなり学校に行かず留年してしまい、両親から飽きられ、さらに実家の経済事情では学費を払えなくなり卒業するまで、自分のアルバイト代で支払うことになりました。

ですがそれだけではケチな生活をしても、生活費や雑費は引かれていくため、20万円ほど足りなかったので、某金融会社へのキャッシングを使い始めました。

登録してから借りるまでが早くて助かりました。借り初めて最初の1ヶ月は返金利息が無料のところもありますので、1ヶ月できる返せる範囲内の金額を借りれば、一時的だけしか借りる必要はないので、そういった場面では便利なキャッシング会社もあります。

ただ、キャッシング会社の怖いところは、一度返金できなくなると、どんどん利息が重なっていくことです。簡単に借りられる分、お金に関してはちょっとぐらい、っていう気持ちが後で大きなアダとなります。返金し終えるまでは飲み会やショッピングを避け、水道代やガス代電気代もケチケチした生活を徹底して過ごすべきだとは思います。

やはり、利息がついてくるため、少しでも返金できるならば早めに返金する予定も立てておいたほうがいいと思います。最悪、1人で破綻しないために、信頼できる身近な人に早めに相談をして借りるのも、一つの手かもしれません。

プロミスを利用する時に来店して契約する方法

スマホの普及によりプロミスもWEB完結申込を利用する事が出来ますが、キャッシングカードを発行してもらって早くお金を借りたい時は来店して契約する必要があります。そこでプロミスを利用する時に来店して契約する方法を紹介していく事にしましょう。

・店頭窓口

プロミスはを利用する時に来店して契約する方法でまず挙げられるのが店頭窓口です。スタッフがいるので会話をしながら契約する事が出来るので初めての人でも安心です。しかし店頭窓口は土日祝日は休みになるので平日のみ申込手続きをする事が出来ます。

・自動契約機

プロミスの自動契約機は全国各地に設置されているのですごく便利です。中に契約機と電話が設置されていて電話でオペレーターと会話しながら契約機を操作して手続きをする事が出来ます。平日だけでなく土日祝日でも営業しているので店頭窓口より利便性が高いです。

・三井住友銀行のローン契約機

プロミスは三井住友フィナンシャルグループの傘下に入っている大手の消費者金融なので三井住友銀行のローン契約機で申込手続きをする事が出来ます。店頭窓口や自動契約機に入室する時は周囲の人の視線が気になりますが、三井住友銀行のローン契約機を利用すれば気になる事はありません。他の人に内緒でプロミスを利用する時は三井住友銀行のローン契約機で申込手続きをするのがオススメです。

銀行と同じくらい安全な消費者金融のキャッシング

消費者金融を安全に利用する上でも大手の消費者金融を選ぶ事は重要ですが、大手の業者を選ぶメリットは他にも多くあります。もちろん調べた上で小規模な消費者金融を利用しても良いですが、初めて利用する場合は特に、大手の業者を選ぶように検討してみましょう。

大手の消費者金融を選んでキャッシングやカードローンを利用する1番のメリットは安全性ですが、テレビCMなどでもお馴染みの業者は、銀行などともあまり変わらない安全性があるので、安心して利用することができるでしょう。また最近では銀行と提携してサービス展開を行っている業者も増えており、銀行と消費者金融の差は、どんどんなくなっていると言えるでしょう。

また様々なお得なキャンペーンを行っているのもメリットの1つです。その中でも無利息キャンペーンは元金だけの返済で済むので、非常に人気があります。また銀行と比べた場合、消費者金融の方が審査に通りやすいと言われていることも人気の1つです。

審査に通らない限りキャッシングを利用することができないので、審査に必ず通ることが重要になります。特に初めて利用する場合は消費者金融に申し込んだほうが、審査に通りやすいと言えるでしょう。限度額は銀行よりも少なくなりますが、これは使いすぎを防ぐことにもなるので、メリットと考えても良いでしょう。

アコムの収入証明書の件について

アコムでは、基本的に収入証明書はありませんが、場合によって収入証明書が必要な場合があります。

収入証明書が必要な条件としては

①借り入れ限度額が50万円を超える場合

②借り入れ限度額についてアコムとそれ以外の貸金業者から借入している合計額が100万円を超える場合

③前回提出していただいた収入証明書が、前に提出した時から3年以上経過している場合

が条件となります。

お金の借り入れが一定以上の金額になった時には、返済能力が気になりますのでお金の返済能力を確認するためにしますが、

収入証明書が必要な金額については、銀行系カードローンとかでスト300万円まで不要というようなことが書いてあったりするのと比べると

かなり少ない限度額でも求められるのではないかと思います。 

また、③については、年収が変わったりするようなケースがありますので、求められるわけですが提出されていない場合ですと

利用が停止されてしまいますので、長期間の利用をするときには利用できなくならないように注意しましょう。

収入証明に必要なものは、源泉徴収所や直近二か月分の給与明細書などといった一般的な消費者金融でも利用されるものですので

必要なときには忘れずに用意しましょう。

キャッシングの申し込みは慎重に!

キャッシングは申し込みをすればどこの金融機関でもすぐに借り入れを行なえるわけではなく、いくつかの段階を経てキャッシングができる仕組みになっています。

本人確認はもちろん職業や収入の確認も行われ、審査に通過した場合のみキャッシングを行なうことが可能になります。

審査の基準は金融機関によって異なりますが、現在の借り入れ状況や過去に金融事故を起こしていないかなどがチェックされます。

金融機関は銀行や消費者金融など無数に存在しているため、急にお金が必要な場合や、どうしても借り入れを行ないたい場合などには同時に複数の金融機関に申し込みを行なった方が確実なようにも思えますが、そのようなやり方をしていると審査を通過しづらくなってしまい、むしろ逆効果となることもあります。

無担保でキャッシングを行なう場合、貸しつける側としても利用者の信用情報が重要になります。

しかし申し込みの段階では利用者の情報があまりないため、実際にキャッシングを行なっても計画的に返済されるどうかが分かりません。

そのためはじめのうちは少額の貸しつけを行なっていくことになるのですが、利用者がキャッシングの申し込みを同時に複数の金融機関に行っているという情報が知れてしまうと、よほどお金に困っている人なのではないかという印象が付いてしまうため、結果的に審査に通りづらくなってしまう可能性があるのです。

キャッシングの申し込みをする際には、事前に利用条件などを確認し吟味したうえで申し込むようにしましょう。

銀行カードローンの大改革が始まるのか

最近のキャッシングやカードローンについての大きなニュースとして、金融庁が銀行カードローンの過剰融資問題について調査に入ったと言うものがありました。消費者金融に比べると銀行カードローンは総量規制対象外の金融商品になっているために、消費者金融のカードローンよりも条件が有利と言われてきました。

銀行側もそれに乗じてカードローンの拡大をはかっており、ニュースによると数年前と比べると銀行カードローンの貸出残高が大幅に増えていると言う事実がわかったようです。消費者金融の貸出残高が減る一方なのに比べて、銀行はカードローンの貸出残高を順調に伸ばしてきたということになります。

しかし、そのために考えられるのは銀行カードローンの審査が緩くなっているのではないのかという疑問です。銀行カードローンの審査が厳しいままであれば、過剰融資問題や銀行カードローンの利用者の破綻が問題にならないからです。

これによって、大手の銀行はカードローンの貸出基準を厳格化することを決めていますが、それはすなはちカードローンの審査を厳しくすることに他なりません。それだけで終わるのか総量規制を銀行にも導入することになるのかはこれからの経過を見ることになるでしょう。

プロミスのWEB完結申込を利用して手続きをする時は注意点

プロミスは自動契約機で申し込む事も出来ますが、ここ数年でスマホが普及してきた事によりWEB完結申込を利用して手続きをするのが主流になっています。申し込みから借り入れまでの手続きをネット上で完結するので来店不要でお金を借りる事が出来るメリットがあります。しかしプロミスのWEB完結申込を利用して手続きをする時は注意点もあるのでしっかり確認しておきましょう。

・三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を開設しておく

プロミスWEB完結申込を利用して手続きをするとカードレスになるので借入方法は振込キャッシングになります。対応している口座は複数ありますが、三井住友銀行かジャパンネット銀行以外の口座を指定してしまうと振込が銀行の営業時間内に限られてしまいます。それにより即日融資を受ける時も銀行の営業時間内に限られてしまうのでいつでも即日融資が受けられるように三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を開設しておきましょう。

・本人確認書類の内容を確認する事が出来るようにアップロードする

プロミスWEB完結申込を利用して手続きをする時は本人確認書類の提出をスマホのアプリでアップロードする事になります。そこでアップロードをする時に内容を確認する事が出来ないと再提出になって手間がかかってしまいます。光の反射などに注意して内容を確認する事が出来るようにアップロードしましょう。

キャッシングというのは今では即日融資が

お金を借りる時に時間がかかるのは当たり前です。色々と調べる必要がある項目も多いですし、昔は最低でも数日、或いは一週間くらいは時間がかかっていたことがあったのです。しかし、即日融資が今では出来るようになっています。おすすめできる即日融資の方法としてはキャッシングサービスでしょう。これは担保もなし、保証人もなし、となる金融サービスです。それでもしっかりと審査はされることになります。ですが、最近では非常に効率的に出来るようになっており、即日で審査の決断がされるようになっているわけです。

そのため、おすすめできるキャッシングサービスとしてはとにかく早くお金を貸してくれるところといえるでしょう。即日融資における重要なポイントは申し込みの時間があるのです。午前中に申込みをする必要性があるのか、或いは13時か、もしくは14時か、と業者によってその基準は違うことになります。銀行と提携していたりしますと15時以降でも問題ない場合もあるのです。おすすめできるのは出来るだけ遅くまで即日融資の条件となる時間的な制限が緩いところともいえるでしょう。その上でお金を借りるわけですから、出来るだけ金利が低いところにするのも大事になります。

カードローンも無利息期間が適用されるようになってきている

キャッシングをするときに、無利息期間を利用しようとするときには消費者金融のほうを利用することが多く、

銀行系のカードローンではないというようなイメージがあるのではないかと思います。

確かに、消費者金融のほうがそういったサービスが利用できるようなことが多いと思いますが、近年では銀行系カードローンでも無利息期間の適用が

あるようになってきています。

銀行系のカードローンだと、そういったサービスはあまり見受けられないような気はしますが、そうでもなくなってきているようです。

このようなサービスがカードローンにも広がってきているようなことですが、カードローンについても近縁では大手銀行だけではなく

地方の銀行も進出してきており、カードローン関連も飽和状態になってきているものでありますから、他の会社との差をつけるためには

こういったサービスについても手を出していこうと異様なことがあるのだと考えられます。

また、無利息期間の適用範囲についても消費者金融と比べても引けを取らないくらいの期間が設定されていたりします。

ちょっとしたお金を借りるようなケースや、緊急でお金が必要なときにはカードローンという手段によってより選びやすさが出てきているのではないかと思います。