キャッシング利用後の借り換えはどこに相談すべき?

アコムならアルバイトでもお金を借りれる

レジャーや教育資金、冠婚葬祭など急な出費が出た時に助け船のひとつとして利用するのがキャッシングです。無人型のATMやコンビニを訪れて手軽にサービスを利用できる反面、後々の返済に苦労することもあります。特に複数のキャッシング会社でキャッシングを利用していると、月々の返済額や支払っている金利の管理も大変になります。

支払いが大変になり切羽詰まると少しでも返済を楽にするために金利の安い金融機関や返済ペースがゆっくりになる金融機関へと借り換えを検討する人が多いです。どこへ借り換えをすればよいのかわからない人は、まず「国民生活センター」に連絡を取ってみるようにしてください。

国民生活センターでは、現状のキャッシング利用状況や今後の返済予定、収入などを元に今後の返済の相談に乗ってくれます。また、キャッシングの利用額が大きければ司法書士や金融アドバイザーといった専門家と一緒に借り換えを検討してアドバイスを受けることもできます。次に相談相手として挙げるはファイナンシャルプランナーです。

ファイナンシャルプランナーは、金融の知識が豊富で家計の状況も分析しながらアドバイスをしてくれます。キャッシングの返済は、毎月訪れることなので、借り換えを検討している方は早めに相談してみることをオススメします。

申キャッシング込には上限年齢が設定されている

年金受給者の人でもキャッシングをしたいことってありますよね。でも、キャッシングには上限年齢があるって知ってましたか。キャッシングの上限年齢について解説していきます。

1.銀行系カードローンの上限年齢は大体65歳

銀行系カードローンの利用出来る方の上限年齢は各社65歳位を設定している様です。この年齢以上の人は概ね断られてしまうんですね。

2.消費者金融の年齢上限は69歳位を

消費者金融を利用出来る方の上限年齢は69歳で設定している会社が一般的に多そうです。

3.高齢者に貸さない理由

実は法律上何歳までしかキャッシングで貸してはいけないといった法律はありません。貸金業法の改正以前は、判断力を失った高齢者に対しての過剰貸付を行っていた業者も多々いましてので、業界団体の自主規制として高齢者への貸出を各社自粛している様です。

いかがてしたか。。もし、高齢者の方がお金を借りたいといったときは、年金を担保にした貸付を公的な機関が行ってますので、役所に相談に行くといいでしょう。

即日キャッシングは本当に即日であるのか

最近では即日キャッシング、というところが物凄く増えています。それはとてもよいことではあるのですが実際問題として本当にそうであるのか、という疑問、不安があることでしょう。まず、特定の条件をクリアしているのであれば基本的にはそうなので心配しなくてよいです。

その条件というのが例えば書類がすべて揃えられているとか或いはその日の正午までに申し込みが完了しているとかそうしたことです。大したことではないのですが、やはり午後を過ぎることになりますと手続きや確認などに問題が出てくることがあります。

後は土日は業者によっては難しいことが多いでしょう。何故かといいますとさすがに在籍確認ができないことが多いからです。そうなりますと貸す為の最低条件をクリアできていない、ということになりますから審査を前に進めることができないことがあるからです。

在籍確認は後からでも大丈夫、というところもありますから、そうしたところを狙うのもありです。こうした情報は比較的簡単に集めることができますから、そこまで難しい話ではないです。審査の基準などもある程度は予測できますから、それを確認して申し込むところを決めることがお勧めできるでしょう。

大手消費者金融4社の最高融資額の比較

最近では多くの消費者金融で、銀行のカードローンにひけを取らないほどの低金利・高融資限度額でのキャッシングが可能となりました。消費者金融のキャッシング商品ははもともと審査スピードのはやさに定評がありますが、最近は好条件で契約ができるようになりましたし、スマートフォンからの申込に対応したことでより利便性が高まりました。現在大手消費者4社の主要なキャッシング商品の最高融資額がどのようになっているのかについて比較をしてみましょう。

アイフルとプロミスのサービスは最高融資額が500万円、アコムとモビットについては最高融資額が800万円に設定されています。いずれの消費者金融でも500万円以上の借り入れが可能となっていますし、さらにお金を借りたい場合にはアコムかモビットを選ぶことでまとまったお金を運用しやすくなります。

ただし消費者金融のキャッシング商品は総量規制の対象であるため、年収の3分の1を超える借り入れができないことに気をつける必要があります。

消費者金融の審査で否決されないようにするポイント

消費者金融のプロミスはキャッシングの申し込むと審査が行われて可決しなければ利用する事が出来ません。プロミスは基本的に審査が可決しやすいと言われていますが、何か問題が生じてしまえば否決されてしまう事もあります。そのため審査で否決されないようにするポイントを確認していく事にしましょう。

プロミスは消費者金融なので総量規制の対象となっていて年収の3分の1以上の借り入れをする事が出来ません。そのため借入希望額を年収の3分の1以上で申請してしまうと審査で否決されてしまう可能性が高いです。そのため借入希望額は年収の3分の1以下で申請するようにしましょう。

申し込みをする時に個人情報、勤務先情報、年収、他社借入件数などを申告しますが、審査が可決されやすいように嘘を申告してしまうとすぐに否決されてしまいます。申告した内容は審査で調べられるので嘘を申告してもすぐに分かってしまいます。嘘が分かってしまうと信用を失ってしまうので正しい情報を申告しましょう。

消費者金融の限度額に関わる総量規制にもカーローン等の例外はある

消費者金融のキャッシングを検討する方々は、しばしば限度額に関して心配しています。特に総量規制などは、多くの方々が気にする要素の1つです。

基本的にこの商品では、年収の3割程度に限定される事になります。したがって年収が300万の方々なら、原則として90万円以内に限定される訳です。100万円以上で借りるのは、少々困難になります。

しかし人によっては、限度額を高くしたい事もあるでしょう。90万などでは少し低すぎると思う方々も、珍しくありません。時には大きな金額の調達が見込まれる事もあるからです。

ただ総量規制とは言っても、もちろん例外はあるのです。例えば自動車に関する融資商品ですね。車を購入する時はまとまった額も必要ですが、それで利用する融資商品などは規制対象外になります。したがってカーローンで30万ほど組んでいたとしても、上述の例では90万ほど借りられる事もあります。住宅用の融資商品なども、実は例外に含まれるのです。

全ての融資商品が3割に含まれる訳ではありません。もしも心配な時などは、金融業者に限度額に関して相談してみるのも一法です。

消費者金融を利用する時は総量規制の対象になっている事に注意しましょう

消費者金融にはいろいろな業者がありますが、その中でもプロミスは評判が高く利用者が多いです。プロミスは申し込みをしてから最短1時間で融資を受ける事が出来るというのが最大の特徴ですぐお金を借りたいという時にすごく便利な消費者金融です。また初めて利用する人は借入日の翌日から30日間無利息でお金を借りる事が出来るので利息を減らす事が出来るメリットもあります。

そのため消費者金融の中で一番利用しやすいのですが、それでも注意しなければいけない点はあるのでしっかり確認しておきましょう。

プロミスは消費者金融なので他の業者と同様に金利が高く設定されています。しかし消費者金融が金利が高く設定されているというのは利用する人ならだれでも知っている事なので説明する必要はないでしょう。

そこで金利以外で注意したいのがプロミスなど消費者金融は総量規制の対象になっていて年収の3分の1以上の借り入れをする事が出来ません。そのため収入の少ない人は多額の借り入れが出来ないので注意しましょう。

みんなの調子が悪いのは扇風機のせい?

職場の中で空調が効いて涼しいところと、全く効かずに暑いところがあって、一部の人から苦情が出ていました。

私の席は涼しいので感じなかったのですが、暑いところにいる人は風は来ないし外の日差しは入ってくるしで、暑い日は汗だくでいるようです。

とりあえず、扇風機を付けて空気を循環させたら良いのではないかと、早速、扇風機を購入しました。

そして、暑いと言っている人のいる近くに取り付けてみました。

それから数週間、ここの所調子を悪くしている人が多いです。

咳をしている人も多いような。私も少し咳が出ます。

季節の変わり目だからかな、と最初は思っていたのですが、ちょっと気づいた事が。

扇風機の近くに座っている人が、体を壊しているようです。

暑いからと、風が当たるように少し低めに設置してあるのが良くないのではないでしょうか。

やっぱり風が直接体に当たるのは良くないと思うのですが、せっかく付けてもらった扇風機なので何とか役に立てたいです。

暫くは角度を変えて試行錯誤したいと思います。